Musée Edo de Tokyo

Table of Contents

江戸東京博物館は、日本の首都・東京の歴史に特化した日本最古の博物館です。両国国技館の東側、隅田川沿いに位置する江戸東京博物館は、一目でそれとわかる特徴的な建築物です。

ちゃんと見るには最低でも2時間は必要です。江戸東京博物館は、歴史的・文化的資源であり、素晴らしい展示、インタラクティビティ、来館者への親しみやすさを備えています。昔の東京の暮らしのほとんどを、魅力的で印象的な方法で紹介しています。

常設展示では、東京の過去(1869年まで江戸と呼ばれていた)を展示物を通して生き生きと描き、江戸時代から最近の数十年にわたる都の特徴を数多く取り上げています。

動画

人々の暮らしぶり、江戸時代の建築物、文化遺産、政治情勢、商業状況など、かつての東京のさまざまな姿をインタラクティブに発見・学習することができます。都市の模型やフィギュア、生命体などが多数展示されており、昔の都市づくりの様子を知ることができます。

また、当時使われていた車や物など、写真撮影の機会も多くあります。英語でのガイドも可能で、10:00から15:00までです。

常設展のほか、東京に関連するさまざまなテーマで特別展を開催しています。また、東京の西郊に姉妹館の「江戸東京たてもの園」があり、多くの歴史的建造物を保存・展示しています。

特別展は常設展とは別料金ですが、入場料がかなり割安になるセット券があります。アクセス 受付時間と料金:受付時間:9時30分~17時30分(土曜日は19時30分まで)、受付終了は閉館時間の30分前までです。入場料:常設展は大人600円、小人300円。

130-0015 東京都墨田区横網1丁目4番1号

https://www.edo-tokyo-museum.or.jp/

https://goo.gl/maps/4S5bqWspGpxgoPaq7